さて、今回は少し時間軸が前後するのですが、久しぶりにアンドー君のことを書いていこうと思います。

このブログを昔から読んでくださっている方からすれば、アンドーは皆さんの息子のようなものだとは思うのですが、知らない人もいると思うので簡単に説明を・・・彼は以前付き合っていた人で、同棲までしていたのですが破滅しました。

破滅はしましたが、仲は良いのでよく会っています。
より戻してくれたらいいのにと思うのですが、色々難しいこともあるそうです。

話はまたまた戻って、ある日私の元に1通の手紙が届きました。
結婚式の招待状です。

大学生の頃からの友達で、丸飲みしてしまいたくなるくらい大好きな友達の結婚式です。
行かないわけがありません。
独身で婚活も上手くいってない私ですが大好きな友達の結婚式に行かないなんて選択肢はありません。ちょっとだけ涙は出ましたが関係ありません。

出席の文字に親の仇よろしくグリグリに丸をつけ、周りはデコデコにデコってポストへ投函しました。

そして、私は「あ、結婚式で着ていくドレスが無い」と気付きました。


スポンサードリンク