ネガティブスの婚活ブログ

同棲していた彼氏に振られ、野に放たれた26歳。 結婚に向けて婚活を始めました。 元カレへの未練が半端ないです。

目の中に入れても痛くないくらい大好きだった彼氏に木っ端微塵に振られた26歳アラサーが、婚活するブログ。

水着の話が終わり、他にはどんな人と付き合ったの?とピヨさんに聞かれました。

私の恋愛史の中で避けては通れない男・・・ついにアンドー君の話をする日がきたようです。

私「スクール水着君の後は、同棲までした人がいたんですけどね・・・」
ピヨさん「同棲までしてたんだ!」
私「そうなんですよ。結婚の話まで出てたんですけど・・・」
ピヨさん「・・・けど?」
私「急に振られて実家へ強制送還です」
ピヨさん「あらら・・・」

そしてそこからはアンドー君との出会いから付き合い別れるまでをひたすらに私は話続けました。

ピヨさんは私の話をうんうんと聞いてくれました。
めっちゃ良い人やん・・・凄い頷いてくれるし・・・。

アンドー君は至ってノーマルなノーマル男(だけども顔面レベルはスーパーレア)なのでそこまでウケるような話はなかったんですが、やっぱり私が生きてきた中で1番愛した男でございますので、ベラベラベラベラとベロリンガくらいベロをベロベロしながら話を続けました。

ベロリンガを例えに出したことで、私が舌をめちゃくちゃ出してベロベロしてる気持ち悪い絵面が浮かんでると思うのですが、それくらいめちゃくちゃ喋ってるんだよと言うことを伝えております。
ピヨさんの顔をベロベロに舐めてるわけでは無いので安心してください。


そして、全ての話を聞いてくれたピヨさんは私に「まだそのアンドー君のことは好きなの?」と聞きました。




スクール水着を着ている私を見て、彼氏は膝から崩れ落ちました。
(漫画みたいやな・・・)と思っていると彼氏は床に拳を叩きつけ言いました。
「誤解なんだ!!!!」と。

そこからは地獄でございまして、「趣味は人それぞれ」「別にどんなあなたでも嫌いにならない」「この水着めちゃくちゃキツイけど、子供用?」などとフォローしたんですが
彼は「違うんや・・・本当に違うんや・・・」と床に顔をつけたまま言うだけでどうにもなりませんでした。

とりあえずその場は誤解という事で話は終わり、私は勝手に着たことを謝罪して水着を脱ぎ事なきを得ました。
想像してたのはスクール水着姿の私を見て「おいおいおい~!何で俺のお気に入りのスクール水着を着てるね~ん!」と爆笑する彼氏。

「これ、キツ過ぎるわ~」と笑顔で答える私。
「そら、子供用やからな!俺もいつもキツキツよ!」なんつって笑いに包まれている空間だったんですが、全く違う結果になりましたね。

と、ピヨさんに伝えました。
ピヨさんは机を叩いて笑っていました。
私の話で笑ってくれているピヨさんを見て、私まで嬉しくなりましたね。

ちなみにその後彼氏とはギクシャクしてそれが理由なのかは分かりませんが、振られました。
未だにスクール水着を持っていた理由は分かっていません。

「まあ生きてたらね、色々あるよね」とピヨさんはフォローしてくれました。