ネガティブスの婚活ブログ

同棲していた彼氏に振られ、野に放たれた26歳。 結婚に向けて婚活を始めました。 元カレへの未練が半端ないです。

目の中に入れても痛くないくらい大好きだった彼氏に木っ端微塵に振られた26歳アラサーが、婚活するブログ。

さて、私は街コンで同性のビジネス勧誘者にカモられた訳ではございますが、もう1人会う約束をしている人がいました。

そうです、そのビジネス勧誘をしてきた敵と同じ街コンで連絡先を交換したカイジを愛するイノッチさんです。

イノッチさんとはやりとをしていて、敵(もう名前は出さずに敵と呼びます)と会う次の週にランチに行く約束をしていました。

敵と会うまでは
(もし紹介してもらった人と上手くいきそうなら、イノッチさんには断りの連絡を・・・いや、上手くいくか分からないしとりあえずイノッチさんとも会って・・・2人共に好かれちゃったら・・・どうしよー!?💫🤩⭐️🌟)
とクソ気持ち悪いことを考えていたんですが、結果はあのザマなので私は少し疑心暗鬼になっていました。

イノッチさんも勧誘じゃないのか・・・?と。
あんな目に遭ったら人を疑いたくもなりますよね。
なんならあの場所に一体何人の勧誘者がいたんや?
Gと同じ、1匹いたら100匹いるように
K(勧誘者)も1人いたら100人いるかもしれない。
つまり、100対100の街コンだったんで、女の子側は全員勧誘者でもおかしくないわけです。
つまり、私も勧誘者と言うことになります。
何の話をしていましたっけ?

とにかくですよ・・・恋愛目的の場所に違う目的で来るんじゃねえ!
こっちは本気(マジ)なんですよ。

そんなこんなで、イノッチさんにもビクビクしながらとりあえず会って確かめようと思いました。
もしイノッチさんも勧誘だったらその場をめちゃくちゃにしてやろうと考えていました。
それくらい私の心は荒んでいます。

そして約束の日、
私は疑いを持ちながら待ち合わせの場所へ向かいました。

ユイちゃん「カモメちゃんは、5年後の自分想像できる?」

またか!!!!また5年後の話か!!!!また!!!5年後!!!!!

私は何度かビジネスに引っかかってますが、その時も言われました。5年後の自分想像できる?と。
これは教科書があるのか?
とりあえず勧誘する時には5年後の自分を尋ねるのか?

私「結婚してたいね」
ユイ「うんうん。けど、結婚しても今の時代は共働きじゃん?」
ケイタ「共働きで家事も育児も仕事もって大変だよね。そこで不労所得◯×△☆♪→$%」

凄い。どんな話題を出してもビジネスに繋げてくる。
これがプロ─────。

しかし、素直に「あなたをカモりたいので仲良くして欲しい」と言ってくるならまだしも、街コンで嘘ついて近付いてくるその魂胆。
そして、この結婚に焦りまくっている30前の女に声を掛ける行為。

まあまあな怒りがあったので、私もやってやりましたよ。ええ、ええ。


私「うんうん!すごい!うんうん!🤩」
全力で頷いて全力で興味あるみたいな態度を取りました。

私の反応でいけると思った2人はどんどんノリノリになって、このまま時間があるならちょっと一緒に来ない?もっと詳しく話できるし!といいました。

私は時計を見て「あー!ごめん!もうやばい!!!!!今日はもう帰らないと!本当に残念!!悔しい!もう本当に!この予定がなかったら!もう!!!!!」とめちゃくちゃ悔しがりました。

ユイ「えー!その予定なんとかならない?🥺」
ケイタ「俺ももっと話したいな🥺」
私「この約束だけは本当に破るとやばいねん!ごめんな!本当残念!悔しいーー!!!」

と謝りながら席を立ち、無理矢理その場を終わらせ、私は「ごめんね!ごめんね!本当に行きたかった!もっと話聞きたかった!ごめん!」と店を出ました。

そしてすぐにユイちゃんから「次いついけるかな?」と連絡が来て、凄い速さでブロックしました。

期待させといてブロックする。
これが私の仕返しです。
ガハハハ

簡単に人を信じるのやめます。

おわり