ネガティブスの婚活ブログ

同棲していた彼氏に振られ、野に放たれた26歳。 結婚に向けて婚活を始めました。 元カレへの未練が半端ないです。

目の中に入れても痛くないくらい大好きだった彼氏に木っ端微塵に振られた26歳アラサーが、婚活するブログ。

アンドー君と遊ぶ日がやってきました。

家の前まで迎えに来てくれて、車でショッピングモールへと向かいます。

やっぱり車って素晴らしいですよね。
私は基本的には自転車で行動しているので、車のありがたみをヒシヒシと感じます。

私「ありがてぇ・・・ありがてぇよ・・・車はありがてぇよ・・・」
アンドー君「かもめちゃん免許あるのにペーパーやもんなあ〜」
私「運転するの怖いから免許返納しようか考えてる」
アンドー「煽り運転とかしそうなタイプやもんな。免許返納した方がいいよ君」
私「煽る側じゃなくて煽られる側ですよ私は」
アンドー「たしかに」
私「なっはっはっ!」

などと冗談を言い合っているとショッピングモールに到着しました。

日々婚活で初対面の人と会っては神経をすり減らし、そして会った後は無し判定を受けている私は思いました。

アンドー君、めっちゃ楽〜〜!と。

アンドー君とは同棲までしてましたから、もう彼は家族みたいなものです。

ですが、別れているので家族ではありません。
悲しい・・・

そんな複雑な感情を抱きながらも、私達はドレスを探しに店内へと足を踏み入れていきました。


結婚式に着ていくドレスは1着持っていたのですが、大学の謝恩会で買った2000円のペラペラのドレスでした。

謝恩会ではペラペラのドレスに1000円で買ったペラペラのパンプス、そして15万円のCHANELのガチガチのバックで行きました。
トータルだと15万円の女です。
CHANELのバックはお母さんから借りたんですが
「車に轢かれそうになってもCHANELだけは守りなさい」と言われたのを今でも覚えています

もう私も(結婚式にお呼ばれしたときは)27歳ですからね、ここはちょっとお高いドレスを着て行った方がいいんじゃないかとね、思ったわけです。
(お母さんの)CHANELのバックを持つにふさわしいドレスが必要じゃないかと。

1人で買いに行くより誰かと行ってどんなドレスが似合うのかとかを教えてほしい・・・
そんな時にはアンドー君です。
困った時のアンドーです。

思い立ったら即日なので、すぐにアンドー君にLINEを飛ばします。

私『やっほー!◎◎ちゃんの結婚式で着ていくドレスを探したいんやけど、付き合ってくれない?』

ここで私は高度なトリックを使ってみました。

この『付き合ってくれない?』は買い物に付き合ってくれじゃなく、お付き合いしてくれとの意味です。
これでオッケーされたら言質が取れたので満を持して彼氏ゲットです。
婚活終了です。ありがとうございました。

そして数時間後にアンドー君から返事が来ました。

アンドー『買い物なら付き合うでー』

賢いですね。私のことをよく分かってる。
私の負けです。

とにもかくにも、2人で買い物に行くことになりました。