ネガティブスの婚活ブログ

同棲していた彼氏に振られ、野に放たれた26歳。 結婚に向けて婚活を始めました。 元カレへの未練が半端ないです。

目の中に入れても痛くないくらい大好きだった彼氏に木っ端微塵に振られた26歳アラサーが、婚活するブログ。

カフェに入り、またカイジやスピンオフ作品のトネガワ、ハンチョウ、イチジョウについても話します。
スピンオフ作品にも全て目を通している私達はあれよこれよと好きなシーンを語り合いました。

ここまでカイジの話ができると感無量です。
この場に作者の福本先生がいたらきっと喜んでもらえたはずです。

カイジの話少しだけ恋バナカイジカイジ会社の話カイジカイジ家族の話カイジカイジ
と、カイジ多めに会話を続け、解散することになりました。

駅の改札まで送って貰い、私は満足感でいっぱいでした。

前回の敵との会がカスだったこともあり、勧誘されない喜び、好きな漫画で盛り上がる喜び、そして勧誘されない喜び、なんと言っても勧誘されない喜びを噛み締めていました。

家に着きイノッチさんにお礼のLINEを送り、イノッチさんからも返事がきてやりとりが終わりました。

イノッチさんは毎日LINEをするタイプではないと街コンでも言っていたのでまた時間を置いてから改めて誘おうと思いました。

そして1週間くらい経って私からお誘いのLINEを送り「今ちょっと予定が分からないので、また予定が分かり次第連絡しますね✨」と来て、その後連絡がきていません。

はい。全然脈無しでした。

自分が良いと思っても相手から無し判定を受けるとどうにもならない。
恋愛は難しいですね。
またがんばります


おわり

ご飯を食べながら仕事の話をしましたが「大変だけど生きていくには頑張らないとですよね〜」とビジネス風の会話にはならず、普通の会話が続きました。

私は少しずつ安心してきました。
けどまだ何があるか分からないので自分からジャブを打つことにしました。

私「前回の街コンで女の子と仲良くなったんですが、ビジネスの勧誘されたんですよ〜」

これでイノッチさんの反応次第では彼も敵になります。

イノッチさんは食べ物を飲み込んでから、言いました。

イノッチ「まじですか?めちゃくちゃだるいですね。街コン会社に通報してやりたくなりますね😡」

仲間だー!
イノッチさんは、仲間だー!

私はホッとして、そこからビジネスの話になりました。

私「5年後の自分はどうなるか想像できるかとか、このままで良いのかとか言われました」
イノッチ「それめっちゃ皆言われるやつですよね。僕は向上心とかないのでそういうの凄い嫌いなんですよね」
私「私もです!!!やる気もないし、かと言ってやりたいこともないです。5年後も惰性で生きていたいです」
イノッチ「めちゃくちゃ分かります〜!仕事も金の為にやってるだけなんで」
私「まじで!!!それです!!!!!」

お互いめちゃくちゃ意識が低いことが分かり意気投合です。

敵が見たら泡吹いて倒れるんじゃないかと思うほどの意識の低さです。


意識の低い会話に花を咲かせながらご飯を食べ終わりました。

まだ時間があるとのことで、カフェに行こうとなり2件目に向かいました。
適当に歩いて空いていたカフェを見つけて私達は入りました。