ネガティブスの婚活ブログ

同棲していた彼氏に振られ、野に放たれた26歳。 結婚に向けて婚活を始めました。 元カレへの未練が半端ないです。

目の中に入れても痛くないくらい大好きだった彼氏に木っ端微塵に振られた26歳アラサーが、婚活するブログ。

突然のことにビックリしている私の腕をケンさんはガッと掴みました。

ケン「ここまで仲良くなったことですし、もっとカモメさんのことを知りたいです!」
紳士的な笑顔で優しく私に話しかけていますが、やってることはかなりのワイルド系です。

凄いパワーで私を引っ張っていきます。

やだ強引・・・♡と思わなかったと言ったら嘘になりますが、あまりにも急すぎる。
まだ出会って1日目、それも数時間ですから。

しかもこの感じは恋人と言うよりもそっち系のフレンドにされる空気をヒシヒシと感じます。

私は恋人を作る為に死に物狂いで婚活をしているわけです。
そっち系のフレンドを作っている時間などないのです。
それに私はめちゃくちゃ恋愛体質の自覚があるので、ケンさんはそっち系でも、私はあっち系(ズブズブに好きになる)になる可能性が高い。

そうなると未来は地獄です。
このブログも日々愛に苦しむことだけを書くことになってしまいます。

もうそういうのは20代前半までって私決めてるんです。
20代前半の時にそっち系の人がいたのかと言うと私は泣けるほどにモテないので全くありませんでしたが、そういうのは20代前半で卒業って決めてるんです。

だから20代後半の私はどうしたかと言いますと
「NO!!!!!!」と大きな声で叫んで腕を振り払い逃げました。

今までの人生で人から逃げたことって鬼ごっこくらいなんですけど、28歳になって本気で人から逃げる日がくるなんて思いませんでしたね。




2人でアニメやゲームの話をしながら公園に向かって歩いていきます

私「ポケモンはうんちゃらかんちゃらで⤴︎⤴︎」
ケンさん「僕の国でもポケモンはすごく人気で〜⤴︎⤴︎」
私「他に日本のアニメで有名だったものってありますか?⤴︎⤴︎」
ケンさん「ドラえもんとかクレヨンしんちゃんですかね⤴︎⤴︎」

大盛り上がりです。

大盛り上がりなんです。
それは間違いないんです。

ただ、私はあることがものすごく気になっているんです。
すぐ気になっちゃう性格なんですよね。

ケンさんとご飯を食べた場所は私が学生時代から遊びまくってる場所なんですよ。

どんどんホテル街に向かってるなとね、思うわけです。

いやいやいやいやけどね、ホテル街を抜けた先に公園があるかもしれません。
学生時代に遊びまくっている場所だとしても全てを知り尽くしているわけじゃないですからね。
基本サイゼリヤにしかいませんでしたからね。
日本はとても大きいですから、えぇ、えぇ。

私が考えてる間にもどんどんと進んでいき、ケンさんはとても楽しそうに日本のアニメについて語っています。

そんな楽しい話をキラキラとした笑顔で話してくれているケンさんが公園以外に行くわけないですよね。
公園についたらオールナイトでアニメと漫画、ゲームの話をするに決まっています。

こんな楽しそうに話しているケンさんを疑ってしまうなんて私は人間失格です。
ケンさんが公園に行こうと言ってるのに!そんなこと!ありえない!


そして、ホテル街に入るとケンさんは立ち止まり「ここで休みませんか?」と言いました。
アニメの話をしていた時の倍くらいのキラキラした目を私に向けていました。

「oh・・・」ってつい声に出てしまいましたね。