ネガティブスの婚活ブログ

同棲していた彼氏に振られ、野に放たれた26歳。 結婚に向けて婚活を始めました。 元カレへの未練が半端ないです。

目の中に入れても痛くないくらい大好きだった彼氏に木っ端微塵に振られた26歳アラサーが、婚活するブログ。

アンドー君がまだ好きかと言われたら狂おしい程に好きです。
彼への想いを断ち切る為に婚活を始めたが、一向に彼を忘れられません。

しかし、ここで正直に伝えていいのか?と思ったわけです。

ピヨさんは友達みたいな関係になってますが、マッチングアプリで知り合った婚活相手なわけです。

ピヨさんは一緒にいて楽しいし笑いのツボもすごく合う。
それにゲイのサイトに書き込まれたりウン百万する布団を破いても怒らない心の広さを持っている。
ピヨさんに対して恋愛感情があるかと聞かれたらまだ分かりませんが、こんな優しい人が旦那になってくれたら幸せになれるかもしれない。
夫婦喧嘩したらとりあえず布団ズタズタにするのとゲイのサイトに書き込みまでは許されるわけでしょ?

こんなに優しいならノートパソコンを逆に畳んで壊しても怒らないかもしれない。

この質問はピヨさんの駆け引きってやつかもしれない。

私を彼女候補にしてくれているから、そんなことを聞いているのかもしれない。

ここで私が「好き!」と素直にアンドーへの気持ちを伝えてしまうと
私は彼女候補から外され用無しになるかもしれない。

最低だけど・・・最低だけど・・・まだピヨさんを手放したくない!!!!

しかし!ここで嘘をつくのも私の美学に反する!!

私「う〜ん・・・。逆にピヨさんはまだ好きな人とかいますか?」
あえて質問で返してみました。
ピヨさん「人妻で・・・まだ気持ちが消えない人が・・・1人」

全然ピヨさんも好きな人いた。
私に対しての駆け引きとか彼女候補にする為聞いたとか全然違うかった。
ただ私に質問しただけやった。
めちゃくちゃ恥ずかしい勘違い。

しかも・・・人妻?

水着の話が終わり、他にはどんな人と付き合ったの?とピヨさんに聞かれました。

私の恋愛史の中で避けては通れない男・・・ついにアンドー君の話をする日がきたようです。

私「スクール水着君の後は、同棲までした人がいたんですけどね・・・」
ピヨさん「同棲までしてたんだ!」
私「そうなんですよ。結婚の話まで出てたんですけど・・・」
ピヨさん「・・・けど?」
私「急に振られて実家へ強制送還です」
ピヨさん「あらら・・・」

そしてそこからはアンドー君との出会いから付き合い別れるまでをひたすらに私は話続けました。

ピヨさんは私の話をうんうんと聞いてくれました。
めっちゃ良い人やん・・・凄い頷いてくれるし・・・。

アンドー君は至ってノーマルなノーマル男(だけども顔面レベルはスーパーレア)なのでそこまでウケるような話はなかったんですが、やっぱり私が生きてきた中で1番愛した男でございますので、ベラベラベラベラとベロリンガくらいベロをベロベロしながら話を続けました。

ベロリンガを例えに出したことで、私が舌をめちゃくちゃ出してベロベロしてる気持ち悪い絵面が浮かんでると思うのですが、それくらいめちゃくちゃ喋ってるんだよと言うことを伝えております。
ピヨさんの顔をベロベロに舐めてるわけでは無いので安心してください。


そして、全ての話を聞いてくれたピヨさんは私に「まだそのアンドー君のことは好きなの?」と聞きました。