ネガティブスの婚活ブログ

同棲していた彼氏に振られ、野に放たれた26歳。 結婚に向けて婚活を始めました。 元カレへの未練が半端ないです。

目の中に入れても痛くないくらい大好きだった彼氏に木っ端微塵に振られた26歳アラサーが、婚活するブログ。

私は愛情を込めて小さく丸めたものを数個焼いたんです。

しかし、出てきたものは大きな煎餅1枚でした。
マジック???

私「なんか煎餅になってるんやけど」
母「全部くっついたんやな」

小さく丸めた生地達は何をとち狂ったのか一致団結したようです。
一つの個体になってた。
溶けてくっついて厚めの煎餅なってた。
触った感じめっちゃ硬いし。
ちょっとちぎって食べたら味は普通に美味しかったです。

1回目は上手く型抜きできたのに・・・

3回目はどうせくっつくしと思い始めから一つにして丸めたものを入れて焼きました。
当たり前ですが厚めの煎餅みたいなものができました。

とりあえずクッキーは完成です!

型抜きクッキーだけラッピングします。

残りのクッキーなのか煎餅なのか分からないものは家族で食べました。
適当に手で割って父親と母親にあげました。

父「粉感の強いクッキーですね」
私「今回は素材本来の味を活かそうと粉っぽさを出してみました」
母「かなり硬いな」
私「顎を鍛えて欲しいので硬めにしてみました」
母「物は言いようやな」

とりあえず型抜きクッキーは無事に作れたのでヨシとしましょう。

そして、バナナケーキも作ろうと思っていたのですが、私のやる気はもう底をついてしまったのでやめました。
人生なんてそんなものです。
諦めも肝心です。

私は唯一成功した型抜きクッキーをある人にあげようと考えていました。

そう、元彼のアンドー君です。




全ての生地は丸めておいたので、焼き上がるまでに洗い物をします。
洗う時って洗剤を使いますよね?

洗剤を見ると思い出しちゃうんだよね。
そう、前回出てきた熱い女性、秋本さんを。
洗い物をしながら私は秋本さんのことを思い出していました。
○○社の洗剤がいかに素晴らしいのか。
野菜もこれで洗うべきだと・・・
この洗剤を使えば病気も治ると・・・

私は母親に「なあ、○○社の洗剤って知ってる?」と聞くと母親は凄い形相で「・・・どこでその名前を?」と言いました。
すごい顔をしている母親にビックリしながらも、イケちゃんと秋本さんのことを伝えました。

そうすると母親は「家で使ってる鍋、○○社の鍋やで・・・」と言いました。

え!?と思ってキッチン棚を開けるとイケちゃんの家に置いてあった鍋と似たような鍋が置いてありました。
ホラー映画を観てるんかと思ったくらいにゾッとしたよね。
呪怨よりゾッとしたかもしれない。

母親もバチバチにカモられてた。
27年生きてきて初めて知ったよね。
腰抜かすかと思った。

10年以上前に断りきれずに鍋を買わされたそうです。
この鍋の蓋やと確かに目玉焼き落とせる・・・。
あの時押しに負けて私が鍋を買っていたら我が家は○○社の鍋だらけになるところでした・・・

自己破産してくれたさやかに感謝です。
(⚠️実際のさやかは自己破産しておりません)


さて、第二段目も焼き上がりました。

オーブンから取り出すと、そこには煎餅のように大きな丸い焼けたものがありました。