ネガティブスの婚活ブログ

同棲していた彼氏に振られ、野に放たれた26歳。 結婚に向けて婚活を始めました。 元カレへの未練が半端ないです。

目の中に入れても痛くないくらい大好きだった彼氏に木っ端微塵に振られた26歳アラサーが、婚活するブログ。

お店に入って料理を頼みます。
ご飯を食べながら色々な話をしていきます。

ケンティー「この前の街コンどうやった?」
私「とりあえず皆と連絡先の交換はしたけど、やり取りが続いてるのはケンティーだけかな」
ケンティー「ああいう場所ってとりあえず連絡先だけ交換するよな」
私「せやね。ケンティーはどう?」
ケンティー「相手から連絡来たりはしたけど、やり取りを続けてるのはカモメだけかな。」

・・・LOVE

おめでとうございます。ビンゴです。無事にLOVEビンゴです。

その後も楽しくお互いの話をしてご飯を食べ終わり、次はカフェに行こうとなりました。
2件目に誘ってもらえた事が嬉しくて私の脳内はLOVEで溢れていました。
LOVE &PEACE。

そしてペチャクチャペチャクチャとこれまた話しながら雰囲気の良いカフェに入りました。


カフェでお互いケーキと飲み物を頼んでエンドレスペチャクチャペチャクチャです。

会って2回目でこんなに会話が盛り上がるってよっぽどだと思うんですよね。
1回目から大盛り上がりですが、想像以上に波長が合います。

マジでケンティーに出会う為に私は生まれてきたんでは無いかと思うくらいでした。
私が引きずりに引きずっていた、これまたハイパーウルトライケメンの元彼アンドー君を超える可能性すら出てきました。
これも婚活をしてて初めてのことです。

そして話題は恋愛に移っていきました。

少し早めに約束の場所へ向かうとケンティーはもう既に待ってくれていました。
私服姿で佇むケンティーはとてもイケメンでした。

・・・LOVE。
もう、愛が止まりません。

私「ごめんお待たせ!」
ケンティー「全然やで!とりあえずご飯食べよっか〜」
私「せやね!」

お昼ご飯を食べようって話だったので、私達は色々とお店をうろうろします。
休日なのでどこのお店も賑わっていました。

ケンティー「ごめん、予約してた方が良かったかな?」
私「いやいや!色々見て美味しそうなところあったら並ぼう!」
ケンティー「そやな!ペチャクチャペチャクチャ」
私「ペチャクチャペチャクチャ」

波長がどえらく合うので、店を探してる間も口が止まりません。
めちゃくちゃ楽しい時間です。
・・・LOVE。
2回目のLOVEが出ました。これってよっぽどのことですよ。
驚きのスピードでLOVEリーチです。
次LOVEが出たらビンゴですよビンゴ。

そしてヘルシー系のご飯屋さんを見つけ、思ったよりも混んでいなかったので入ることにしました。