ネガティブスの婚活ブログ

同棲していた彼氏に振られ、野に放たれた女。 結婚に向けて婚活を始めました。 元カレへの未練が半端ないです。

目の中に入れても痛くないくらい大好きだった彼氏に木っ端微塵に振られた女が婚活するブログ。

「はい!」と言ってしまったからにはカラオケに行くしかありません。

(ネタに走った歌にするか・・・?それとも少しはマシに聞こえるような歌・・・)とぐるぐると考えていたのですが、私はある可能性を導き出しました。
世紀の大発見です。

それは、ヨッシーさんが生粋のカラオケ好きである可能性です。
その場合は「よ!すごい!まるで歌手!CD出してください!」って合いの手を入れて、ヨッシーさんに12曲くらい連続で歌ってもらえば私はそこまで歌わなくて済みます。

12曲連続で歌ってくれたらそれはもうアルバムですね。
ヨッシーさんがカバーしたアルバムみたいなものです。
コーラスで参加させて頂きたいものです。

そんな希望を胸にご飯を食べ終わった私達はパンケーキを頼み、シェアして美味しくいただきました。

この後カラオケ・・・のプレッシャーで残念なことにあまり味は覚えておりません。

パンケーキを食べ終わった後は「ヨシ!」をしながらレジに行き、ヨッシーさんが払ってくれました。
そして店を出てからお金を渡そうとしたら拒まれ、「いやいや!前回も払ってもらったので!さすがに!」「いえいえ。本当にお気になさらないでください!」との軽い押し問答を繰り返したのですが、またまた奢ってもらってハイパー感謝を述べてカラオケに向かいました。

カラオケで待ち時間が3時間ですとか言われたら「3時間はさすがにキツいですね!実は私もう一つ趣味があって、河原で石集めをすることが好きなんです!」って言って
「お!それは素敵なご趣味をお持ちで!では、今すぐ河原に駆け出し石集めをしようではありませんか!」とヨッシーさんと元気にカラオケ店を飛び出して
2人で大都会を駆けながら河原まで向かったと思うんですけども、カラオケ普通に空いてた。

機種の希望しなかったらすぐに入れた。


Live DAMじゃないと嫌!って言えるような仲でも雰囲気でもないので普通に空いてる部屋に入りました。

結構広めの個室でした。

(もし・・・こんな広い部屋なのにヨッシーさんが隣にきたら・・・私どうしよう///)
なんて思いながら座ったら、まあ普通に向かい側に座っておられました。

どうしようは私の頭でした。


「では、いきなりですが・・・かもめさん歌いますか?」とヨッシーさんがカラオケの機械を私の方にグッと動かしました。

「いきなりはちょっと緊張してキツいですねー😅
よかったらヨッシーさん最初に歌ってください!」
いきなり歌うのはきついと思ったのでまたグッと機械をヨッシーさんの方に動かしました。

「あっ・・・では、本当に音痴で恥ずかしいですが・・・」とヨッシーさんは少しだけ口角を上げながら歌を入れてくれました。

「ありがとうございます!私も音痴だから本当に恥ずかしいですー!」なんて会話をしてると、曲が流れてきました。


流れてきたのは、全く聴いたことの無い洋楽でした。


私はハンバーグプレートにし、ヨッシーさんはオムライスを注文しました。

なんやかんでご飯が運ばれてきて、2人でパクパクと食べ始めます。

そして、ヨッシーさんは私に質問をしてくれました。
「以前ラインで私の趣味については話しましたが、かもめさんは趣味などありますか?」と。

今日のヨッシーさんはすごく私に話題提供をしてくれます。
ありがたいですね。
趣味ね。趣味。
まあ、全く無いんですけどもね。
自信を持って言えるよね。無趣味ですと。

しかしだね、スーパー大学卒のスーパー大手に勤めている、言うなればスーパーマンのヨッシーさんが質問をしてくれてるんですから、しっかりと答えていこうと思います。

なんてったって、相手はスーパーマンですから。
スーパーマン・・・ウルトラマンですよ。

ウルトラマンから「趣味はなんですか?」って聞かれたらしっかり答えるよね?
ウルトラマン相手に「趣味?なーんもない⭐︎」なんて舐め腐ったこと言えるわけないよね。
スペシウム光線で木っ端微塵よ。

無い頭をフル回転さして絞り出しました。
「カラオケ・・・ですかね」と。
カラオケはたまに行くけどそこまで好きではない。
なんてったって音痴だからね。
基本は聞き役に徹してます。
歌う時はネタに逃げがち。

咄嗟に出たのがカラオケしかなかったんです。

そしたらヨッシーさんは「そうなんですね」と頷いて何かを考えているようでした。

少し間があってからヨッシーさんは口を開きました。

「この後、カラオケ行きませんか?」と。

ハンバーグ食べてる手が止まったよね。
え・・・?
カラオケ・・・?

ヨッシーさんがイケイケのパリピみたいな感じだったら、個室(カラオケ)に連れ込んで私をどうするつもり・・・?!///
もしかして・・・?!///

なんて思ったかもしれませんが、
ヨッシーさんは間違いなくカラオケをするつもりです。

会って2回目でカラオケはきつい。
音痴を披露するのはきつすぎる。


こんなことなら「河原で石を集めるのが好きです」って言えばよかった。

ご飯食べ終わった後に河原に行って綺麗な石集めたし。

最後にその集めた石で水切りして遊んだし。
「おー!ヨッシーさん!3回も跳ねてますよ!」とか言いたかった。


けどね、ヨッシーさんも何とか私の趣味に寄り添おうとしてくれてるのが目に見えて分かるんですよ。

軽いノリで「じゃあカラオケ行っちゃう?♪(笑)」みたいな誘い方じゃないんです。

私が趣味って言ったばかりに、決死の覚悟でカラオケに行きますか?って聞いてくれてる感じなんです。

それくらい気迫を感じたんですよ。

だから、とっさに「あ!はい!」って言っちゃたよね。